バスケットボール男子のBリーグ2部は第19節第2日の18日、各地で9試合を行った。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは東京都板橋区の小豆沢体育館で、東京EX(中地区)と対戦し、78―77で競り勝ち、3連勝を飾った。通算成績は20勝17敗で、順位は変わらず3位。

 山形は高橋祐二、佐藤正成(山形南高出)、佐々木瑛、小島佑太、マーカリ・サンダースが先発。第1ピリオド(P)は伊沢実孝を中心に23得点を挙げ、前半は35―23で12点のリードを奪った。後半は追い上げられたが、第4Pだけでセス・ターバーが17得点をマークし、1点差で逃げ切った。リバウンド数は相手の27に対し、山形は40。フィールドゴー...    
<記事全文を読む>