バスケットボール男子のBリーグは18日、名古屋市の愛知県体育館などで行われ、東地区3位の千葉は西地区2位の名古屋Dに94-75で快勝し、24勝13敗とした。千葉は2点を追う第2クオーターに厳しい守備から流れをつかんで47-34と逆転し、後半も富樫を起点にバランス良く加点した。ストーンは31得点13リバウンドをマークした。

 中地区首位の川崎は大阪に81-84で競り負け、31勝6敗。西地区トップの三河も北海道に70-78で敗れ、27勝9敗となった。◆富樫軸に戦略成熟 チームの充実ぶりを示す快勝だった。千葉は後半開始早々に20点差をつけ、悠々と逃げ切った。16点をマークした身長167センチの...    
<記事全文を読む>