B1栃木ブレックスに特別指定選手として入団した日大の門馬圭二郎(もんまけいじろう)が公式発表から一夜明けた17日、チーム練習で汗を流した。クラブによると、6月末までのアマチュア契約を締結し、8日からチームに合流していたという。

 本年度関東大学リーグ1部に復帰した日大で主将を務め、主にシューティングガードとスモールフォワードとしてチームをけん引した。

 持ち味は「守備とアウトサイドのシュート。遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)選手のようなプレーヤーになれれば」と熱心にトレーニングに打ち込む。「アグレッシブな守備と新人らしい(積極的な)プレーで練習からアピールしたい」と試合出場にも意欲を見せた。<...    
<記事全文を読む>