Bリーグ2部(B2)茨城ロボッツは18、19日のFE名古屋戦で、選手兼アシスタントコーチだった岡村憲司氏(43)のスーパーバイジングコーチ(SVC)昇進後初めてホーム戦を迎える。現在東地区5位でホーム11連敗中のチームを立て直すべく、選手兼任の新指揮官は「今までと違うディフェンスやオフェンスを見せたい」と意気込む。

 リーグの規定でヘッドコーチ(HC)と選手を兼ねることはできないため、試合中の指揮は岩下桂太HCが引き続き執るものの、チームづくりは岡村SVCが先頭に立って行われる。

 新指揮官は自らを「現実主義」と表す。今後の目標は「B2制覇」や具体的な勝率より、まずは「見に来たお客さんにも...    
<記事全文を読む>