バスケットボール男子、B1東地区6位の仙台は17、18の両日、仙台市のカメイアリーナ仙台で西地区6位の滋賀を迎え撃つ。16日は同市のHALEOドームで約1時間、調整した。

 滋賀の攻撃のセットプレーに対する守備の動きを確認。実戦練習では、菊池が外国人とマッチアップし、ゴール下で厳しく体を寄せた。

 B1全18チーム中の順位は仙台が16位、滋賀が最下位。両チームとも下位4チームによる残留プレーオフ出場圏内に低迷する。間橋監督は「滋賀には絶対勝たなければならない。第1クオーターに菊池が(相手の得点源)マブンガをどれだけ抑えられるかがポイントだ」と語った。

...    
<記事全文を読む>