バスケットボールの女子Wリーグは18日、上位8チームによるプレーオフが開幕する。18~20日に準々決勝(2戦先勝)、25~28日に準決勝(2戦先勝)、3月8~16日に決勝(3戦先勝)が行われる。シャンソン化粧品は6位からの巻き返しを期し、準々決勝で3位富士通に挑む。

 シャンソンはリーグ戦2次ラウンド途中から故障を抱える主力を欠場させた。「状態が悪かったので、割り切ってプレーオフで決勝を狙う道を選んだ」と丁監督。女王JX-ENEOSとは決勝まで対戦しない組み合わせ。富士通には今季3戦全敗だが、すべて5点差以内で勝機はある。

 今季は本川と三好が好機をつくっても他の選手が決められない場面が目...    
<記事全文を読む>