前半戦29試合のうち先発が4試合だった柳川が、後半戦は全7試合に先発し、存在感を高めている。前半戦、2桁得点は2試合だったが、後半戦は既に2試合。「どんなに調子が良くても満足はしない。満足したら(成長が)終わってしまう」と貪欲だ。

 後半の初戦、A東京戦で体調不良などで事前練習を休んでいた熊谷に代わって先発。攻守に結果を出して定着した。攻撃ではドライブでゴール下を攻め、出だしからチームにリズムをもたらしている。

 チームは三遠戦後、安易にドリブルをすることなく、パスを回して相手守備を崩す練習を繰り返す。パスで攻撃を組み立てるには緻密な連係が必要とあって、走り出しやフェイクを入れるタイミング...    
<記事全文を読む>