バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は12日、盛岡市の県営体育館などで行われ、東地区の岩手ビッグブルズは西地区の島根に38-63で敗れ、4連敗となった。通算9勝27敗。島根は30勝6敗で西地区の首位をキープした。

 岩手は前半でわずか9得点に抑えられ17点のリードを許した。第3クオーターに反撃したが、島根の強力な守備に最後まで有効な手を打てず、今季最少の38得点にとどまった。

 西地区2位の広島は西宮に65-64で競り勝ち、30勝6敗。中地区1位のFE名古屋は青森に82-93で屈し26勝10敗。東地区3位の山形は信州を65-62で退け、19勝17敗。

 岩手は18、19の両日、同体育館...    
<記事全文を読む>