バスケットボール男子、B1仙台が、36試合(全60試合)を終え、現在5連敗中で、9勝27敗の東地区6位に沈んでいる。中、西の両地区を含む全18チーム中では16位。全体下位4チームによる残留プレーオフ出場が現実味を帯びる中、17日からホームで滋賀との連戦に臨む。(佐藤夏樹)◎戦術/攻守でもっと強度を 1月19日、仙台市のHALEOドームで実戦練習があった。攻撃のミスの後、選手の戻りが遅く、速攻から得点を許した。主将の志村が選手全員を集めた。「ターンオーバーで戻らず、シュートを決められる。本番で何度もあった。何のために練習しているか分からない」。険しい表情と口調から、危機感がにじむ。

 仙台...    
<記事全文を読む>