バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の茨城ロボッツは10日、アシスタントヘッドコーチ兼選手の岡村憲司が、戦術などチームの方針を決めるスーパーバイジングコーチ(SVC)に就任したと発表した。試合中の指揮は岩下桂太ヘッドコーチ(HC)がこれまで通り執るが、今後のチームづくりは岡村SVCの意向を反映し、成績低迷から脱却を図る。

 山谷拓志社長は「チームを立て直し、戦績不振の現状を打開するべく、経験豊富な岡村氏をSVCとして起用することになった」と説明。ロボッツは現在7連敗中の通算成績13勝21敗で、順位は東地区5位にとどまっている。ホーム試合では11連敗中だ。

 岡村SVCはB3大塚商会アソ...    
<記事全文を読む>