バスケットボール男子、B1仙台の新外国人マンガーノが8日、チームに合流し、仙台市のHALEOドームで約2時間、練習した。「チームに活気があり、これからの試合が楽しみ」と笑みを見せた。

 対戦形式のメニューでは、208センチの長身ながら、外から柔らかいタッチでジャンプシュートを沈めた。守ってはネパウエとマッチアップし、ブロックショットを披露した。

 今季はアラブ首長国連邦のチームでプレーし途中退団。実戦からは1カ月以上離れているが、「(母校の)米エール大でトレーニングやシュート練習をしていた。体の状態はいい」と自信を見せる。

 ネパウエと共に出場する時はフォワード、ネパウエがいないときはセンタ...    
<記事全文を読む>