バスケットボール男子・Bリーグ2部(B2)の茨城ロボッツに、北茨城市出身のフォワード、大友隆太郎(22)=筑波大4年=が加入した。チーム2人目の県内出身選手。「プロになる」というバスケットボールを始めた小学生からの夢を地元でかなえ、「ここからがスタート。しっかり自分のプレーができるよう頑張る」と意気込む。小学3年の時、父の影響でミニバスケットボールの地元少年団で競技を始めた。水戸一高時代は部活動ではなく、クラブチームのコマーシャルクラブに所属。「プロになるために」と関東1部の大学への進学を希望し、一般入試で筑波大体育専門学群に入学した。現在188センチ、90キロ。1対1の駆け引きを得意...    
<記事全文を読む>