プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区5位=15勝20敗)は5日、神奈川県の横須賀アリーナで川崎ブレイブサンダース(中地区1位=30勝5敗)と第2戦(今季第36戦)を行い、76―87で敗れて2連敗となった。

 第1クオーター(Q)はレイショーン・テリーや田代直希が攻撃を引っ張って善戦したキングスだったが、第2Qに入るとシュートを決められず、一気にリードを広げられた。34―47で迎えた第3Qは攻守で崩壊した。リング下の簡単なシュートを落とし、川崎に何度も速攻を決められた。川崎が控えメンバーを投入した第4Qに追い上げたが、勝利は遠かった。

 キングスは18、19の両日...    
<記事全文を読む>