プロバスケットボールB1第19節は5日、各地で交流戦9試合を行った。栃木ブレックスは大阪府の府民共済SUPERアリーナで西地区3位の大阪に76-68で勝利した。4連勝で通算成績は27勝7敗。同日、東地区首位のA東京が敗れたため、ブレックスが勝率で並び、当該チーム間の得失点差で上回るブレックスが、12月25日横浜戦以来の地区首位に返り咲いた。また、この試合の来場者数7524人は、代々木競技場での開幕戦を除いたBリーグ最多記録を更新した。

 ブレックスは4点リードの第2クオーター、田臥勇太(たぶせゆうた)のアシストからライアン・ロシターがシュートを決めるなどリズムよく24得点を挙げ、41-2...    
<記事全文を読む>