バスケットボール男子Bリーグ2部の青森ワッツは5日、奈良市のならでんアリーナでバンビシャス奈良と対戦し、71―75で敗れて同一カード2連敗を喫した。通算成績は15勝19敗で、順位は東地区4位のまま。

 ワッツは第1クオーター(Q)、會田圭佑の8得点を含む23得点で7点のリードを奪ったが、第2Q以降はシュートの精度を欠き、第3Qに逆転された。

 次節は11、12日、名古屋市でFイーグルス名古屋と対戦する。

...    
<記事全文を読む>