バスケットボール男子のBリーグは4日、横浜国際プールなどで行われ、東地区3位の千葉は中地区の横浜に70-72で敗れた。千葉は22勝13敗で、横浜は14勝21敗。

 千葉は20得点のストーンの活躍などで、1点リードで第3クオーターを終えた。競り合いが続いた最終クオーターは、残り2秒で富樫が3点シュートを決め、同点にしたが、直後に川村に決勝点を奪われた。

 東地区首位のA東京は名古屋Dを90-86で振り切り、27勝6敗とした。名古屋Dは20勝15敗。A東京はギャレットの個人技や正中の勝負強い働きが光った。

 中地区首位の川崎は琉球に79-55で快勝し、リーグ最速で30勝(5敗)に到達。西地区トッ...    
<記事全文を読む>