バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は4日、各地で第17節が行われた。中地区6位(最下位)の信州ブレイブウォリアーズは長野市ホワイトリングで西地区3位の広島ドラゴンフライズと対戦し、77―83で惜敗した。信州は5連敗で通算成績は9勝24敗。順位は6位のまま。

 信州は試合開始直後から激しい守備で広島の攻撃リズムを狂わせ、第1クオーター(Q)終了時点で3点リードした。第2Qも好調を維持し、新外国人のポスチュマスやバンダーリストが順調に得点を重ねた。しかし後半は広島に猛追され、第4Qに逆転を許して敗れた。

 信州は5日午後2時から同会場で広島と対戦する。

...    
<記事全文を読む>