昨季の旧ナショナルリーグ(NBL)と旧TKbjリーグを制した「最後の王者」同士の初顔合わせは、川崎が圧倒的な強さで完勝した。

 開始直後はリードを許すも、4-6から主将篠山のシュートを皮切りに9連続得点。キャプテンは第1クオーターだけで5アシストにスチールも決めて積極的なプレーで流れをものにし、「もっと徹底できる部分はあるが、きょうのところは合格」とうなずいた。

 ここまで日本代表候補に名を連ねてきたが、今月のイラン代表との強化試合に出場するメンバー15人に選ばれなかった。「悔しかった。強化合宿でコーチ陣から『もっとアタックしていく姿勢が必要』と指摘され、後半戦からはアグレッシブな攻めを...    
<記事全文を読む>