バスケットボール男子Bリーグ1部の富山グラウジーズ(中地区最下位)は4日、京都市のハンナリーズアリーナで京都ハンナリーズ(西地区4位)と対戦し、87-98で敗れた。通算成績は8勝27敗。

  富山は5点を先行されて迎えた第2クオーター、ピットマンのダンクシュートや山崎のレイアップで同点に追い付いたが後が続かず、京都に連続得点を許して38-51で前半を折り返した。後半は相手の外国人選手やガード陣の正確なシュートで得点を重ねられた。

 ボブ・ナッシュヘッドコーチは「第1クオーターで、相手にアグレッシブにプレーする機会を与えてしまった。相手に流れが傾く中で、よく戦ったと思う」とコメントを出した。...    
<記事全文を読む>