若手育成を目的に、高校生や大学生が在学のままアマチュア契約を結んでプレーする特別指定選手として入団。長野市出身の東海大4年生は「まだ、自信は半々だけれど、自分の持ち味を発揮したい」と、地元で行われるデビュー戦を心待ちにする。

 実績は申し分ない。東海大三高(現東海大諏訪高)3年時の国体では、大黒柱として少年男子県選抜を引っ張り、準優勝に貢献。ゴール下での力強いプレーと精度の高い外角のシュートを武器に関東大学リーグの強豪、東海大では1年時からAチーム入りし、リーグ戦3連覇に尽力した。

 そんな22歳が背中を追い続けるのが高校と大学時代の先輩で、A東京(B1)で活躍中のザック・バランスキーだ。...    
<記事全文を読む>