プロバスケットボール男子Bリーグ2部の福島ファイヤーボンズと特別指定選手契約を結んだ水野幹太(福島南高3年)が、チームの一員として熱のこもった練習を繰り広げている。

 3月末までのアマチュア契約だが、「よりレベルの高い環境で技術を磨きたい」と水野。男子18歳以下日本代表主将を務めるなど、今後の活躍が期待される本県の「若武者」が、将来的なプロ入りを目指して新たなスタートラインに立つ。

 水野は、男子19歳以下日本代表候補選手にも選ばれた逸材で、司令塔のポイントガードながら身長は183センチあり、卒業後は法政大に進学する予定だ。

 「さらに上を目指したい」との水野の意向と、若手育成と本県バスケ界...    
<記事全文を読む>