B1東地区2位の栃木ブレックスは4、5の両日、大阪市の府民共済SUPERアリーナで西地区3位の大阪と対戦する。前節のSR渋谷との第2戦で、2度の延長戦にわたる接戦を制した勢いを生かしたい。

 ブレックスは通算成績25勝7敗。1月は千葉や川崎など強豪相手に4勝1敗と大きく勝ち越した。

 18勝16敗の大阪は若手が多く、シュート力もある。中でも元NBA選手を含む米国人選手たちは強力で、208センチと210センチの2選手を相手に激しいゴール下の攻防が予想される。さらに桶谷大(おけたにだい)監督は旧bjリーグ時代、琉球を2度リーグ優勝に導いた手腕の持ち主。ブレックスのトーマス・ウィスマン監督も「ユ...    
<記事全文を読む>