(4日・沖縄) 4日目は金武町フットボールセンターで午前練習を行った。アップの後、GKとフィールドプレーヤーに分かれたメニューを実施。続いて、ミシャ監督が入念にプレーの確認を行ってからハーフコートで11対11のゲームを始めた。早々にボランチの矢島がゴールを決めて好調をアピール。アグレッシブに挑戦する姿勢を見せ、攻撃の起点となった。ダブルボランチの長沢も攻守でバランスを取りながら、積極的に攻撃参加して存在感を示した。武藤はこの日2ゴールと決定力の高さを見せた。1点目は角度のないところから左足でファーへ突き刺し、2点目は密集したペナルティーエリア内で落ち着いてネットを揺らした。最後はズラタン...    
<記事全文を読む>