日本フットボールリーグ(JFL)の栃木ウーヴァFCと関東サッカーリーグのヴェルフェたかはら那須は26日、栃木市総合運動公園陸上競技場でプレシーズンマッチを行い、1-1で引き分けた。

 3年連続の開催となった「栃木南北決戦」は、前半25分にヴェルフェがMF進藤圭介(しんどうけいすけ)のゴールで先制。対するウーヴァは同40分に新主将のMF内山俊彦(うちやまとしひこ)がPKを決め、同点で前半を折り返した。後半はウーヴァが試合の主導権を握ったが、両チームとも勝ち越し点を挙げられなかった。

 カテゴリーでは格下の相手に引き分けたウーヴァの堺陽二(さかいようじ)監督は「自分たちの立ち位置が分かった試合...    
<記事全文を読む>