【カナロコスポーツ=佐藤 将人】サッカーJ2横浜FCの元日本代表で現役最年長のFW三浦知良選手が26日、Jリーグ史上初めて50歳で試合に出場した。この日が誕生日だった三浦選手は、ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市神奈川区)で行われた松本との開幕戦に先発出場し、自らが持つリーグの最年長出場記録を50歳0日に塗り替えた。

 三浦選手は満員札止めのスタジアムで後半20分までプレー。ゴールこそならなかったが、後半には右足でシュートを放つなど大観衆を沸かせ、チームの1-0の勝利に貢献した。

 純粋さとプロ精神と カズ、最年長出場記録更 生きる伝説が、また日本サッカー史に一ページを加えた。元日本代表で現役最...    
<記事全文を読む>