広島市中心部へのサッカースタジアム建設問題を巡り、広島県の湯崎英彦知事は24日の県議会一般質問で、今後の候補地選定について、採算性やアクセス性、多機能化・複合開発の可能性、まちづくりの実現性などを判断材料にする意向を示した。

...    
<記事全文を読む>