国際サッカー連盟(FIFA)の2017年国際審判員の副審に、松江市職員の三原純さん(35)=同市北田町=が登録された。島根県内から初めての国際審判員で、中国地方ではことしただ1人。「日本の代表として正確なジャッジをしたい」と、大舞台を心待ちにしている。

...    
<記事全文を読む>