福井県越前市の小学6年土山愛叶君(国高小)がこのほど、サッカーJ2ツエーゲン金沢傘下の15歳以下チーム「U―15TECHNICAL津幡」2期生に福井県内でただ一人合格した。4月からチームがある石川県にほぼ毎日通い、腕を磨く。夢は海外で活躍する選手。土山君は「メッシ選手やネイマール選手のようなドリブラーになりたい」と闘志を燃やしている。

 土山君は小学3年の時、地元国高サッカースポーツ少年団に入団した。チームのエースストライカーで、周囲を生かすプレーもできる。齋藤日出人コーチ(51)は「ボールタッチが繊細でキープ力が高い」と認める。週4、5日のチーム練習のほかに、自宅や近所の公園での自主練...    
<記事全文を読む>