【北中城】サッカー元日本代表選手の高原直泰氏が代表を務めるサッカーチーム「沖縄SV(エスファウ)」は11日、伝統工芸品の首里織と紅型を取り入れたポロシャツを開発したと発表した。那覇伝統織物事業協同組合と琉球びんがた事業協同組合が協力したコラボ商品で、今月下旬に県内外で発売される。高原代表は「ポロシャツを通して沖縄の伝統工芸品の魅力を発信していきたい」とPRした。■選手の練習着、移動用にも ポロシャツは2種類あり、首里織と紅型がそれぞれえりや袖先などに施されている。素材は、汗に反応して熱を吸収するヨネックスの特許商品ベリークールが使われた。

 沖縄SVに所属する選手らの練習着としてだけでは...    
<記事全文を読む>