第47回下野杯争奪県下中学生サッカー大会(県サッカー協会、下野新聞社主催)第3日は11日、石橋中、芳賀中の両校グラウンドで5回戦8試合を行い、ベスト8が出そろった。

 前回覇者の栃木SC JYブル-はイデアFC真岡U14を3-1で制し連覇に前進。市貝中AはMF岩崎隼大(いわさきしゅんた)のゴールでHFC真岡を1-0で破り、中学チームとして唯一の8強入りを果たした。この他、ウィングスSC U14、足利両毛ユナイテッドFC U14などが準々決勝に駒を進めた。

 大会第4日は12日、鹿沼市のサンエコ自然の森サッカー場と宇都宮市の栃木SC宇都宮フィールドで準々決勝4試合を行う。
<記事全文を読む>