川崎市は9日、等々力陸上競技場(中原区、2万7495人収容)の第2期整備の基本的な考え方を明らかにした。全収容人員を3万5千人規模に拡大、全席を背もたれ付きの個席とし、2020年度のJリーグ規格に対応させる。

 同日の市議会まちづくり委員会で報告した。メインスタンドを改築した第1期整備に続き、第2期では主にサイド・バックスタンドを整備する。屋根を客席全体を覆うように広げるほか、立ち見や背もたれなしの計1万402席もすべて背もたれ付き個席に変え、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の規格にも対応させる。サイド・バックスタンドには、これまでなかったエレベーターを設置し、陸上トラック走路を9レ...    
<記事全文を読む>