サッカーJ3ガイナーレ鳥取は26日、チュウブYAJINスタジアムで今季からJFLに参入する今治と45分4本の練習試合を行った。計4得点と攻撃陣が結果を残したが、森岡監督は「チャンスはあったので、もっと点を取らないと」と奮起を求めた。ガイナーレ鳥取は2本目の開始2分、河合(18)が中央に切り込んで、この日2点目のシュートを決める=チュウブYAJINスタジアム 1本目は先制を許したが、黒津の右からクロスを河合が頭で合わせて同点に追い付いた。2本目は開始直後に中央に切り込んだ河合が先制。しかし、その後、カウンターから失点した。3本目は、途中交代の加藤が同点弾、4本目は林が得点した。

 1、2本...    
<記事全文を読む>