3季在籍したJ3北九州に残る選択肢もあったが「優勝してJ2へ上がりたい」と新天地を選んだ。昨季北九州でコーチだった美濃部直彦氏(現AC長野ゼネラルマネジャー)から熱心に声を掛けられたことも大きい。「美濃部さんは自主練習をよく手伝ってくれた。厳しかったが、やりがいがあった」 昨季は17試合に先発出場しており、J2最下位で自動降格となった責任を痛感している。「練習がぬるく、それが結果に出た。自分が口うるさく言えば良かった」。目標達成のため自分にも周囲にも厳しさを求める。

 出身の香川県のクラブからU―15(15歳以下)日本代表入り。19歳まで年代別代表の一員だった。関西大では1年の時にインカ...    
<記事全文を読む>