今季からサッカーJ3に参戦するアスルクラロ沼津は18日、必勝祈願と出陣式を沼津市の日枝神社で行った。

 選手やスタッフら約40人が神事に臨み、健闘を誓った。クラブを代表し、今季から加入した伊東輝悦選手(42)をはじめ鈴木淳副主将(29)ら5人が絵馬に「J3優勝」などと目標を書き込んだ。

 サポーター約50人を前に行われた出陣式で、今季から副主将を務める河津良一選手(24)が「東部の子どもたちに夢を与えられるよう頑張る」とあいさつした。山本浩義代表は「チームは順調に仕上がってきている。期待に応えたい」と力を込めた。

 サポーターをまとめる有志団体「沼津ダラーズ」の渡辺高久代表(33)=横浜市=...    
<記事全文を読む>