清水町の山本被服(山本豪彦社長)が、今季J3に参入するアスルクラロ沼津の選手、スタッフのオーダーメードスーツを製作し14日、チームを運営する沼津市のアスルクラロスルガに届けた。

 スーツには、世界有数の織物産地として知られる愛知県西部産の尾州生地を採用し、縫製も国内で行った。ネクタイはチームカラーの明るい青と紺のストライプで、ジャカード織りでエンブレムをあしらった。試合会場への移動時や公式行事などで着用する。真新しいスーツに身を包んだキャプテンの尾崎瑛一郎選手(32)は「身が引き締まる思い。全員が着用することで一体感が出る」と語り、新シーズンの健闘を誓った。

 1月7、16の両日、選手、監...    
<記事全文を読む>