サッカーJ3のAC長野パルセイロは和歌山キャンプ第4日の12日、上富田町スポーツセンターで行われた交流戦「プレシーズンサッカーフェスティバル」で、日本フットボールリーグのMIOびわこ滋賀戦に臨み、0―0で引き分けた。

 AC長野の基本布陣は浅野監督が昨季にJ3鹿児島を率いた時と同じ4―2―3―1。後半から先発メンバー7人を入れ替えた。前日の流通経済大戦とは前半4人、後半3人が異なるメンバーとなった。

 前半の立ち上がりはプレス守備から攻撃のリズムをつくったものの、サイドで単純なミスが多く、流れに乗りきれなかった。後半は有永が好クロスを3本、ゴール前へ上げたが、攻撃陣のシュートは惜しくも外れ...    
<記事全文を読む>