サッカー明治安田J3のブラウブリッツ秋田(BB秋田)は7日、光通信サービス「ブラウブリッツ秋田 光」の提供を始めると発表した。サービスを通じたインターネットや電話の利用料金の一部が、クラブへの支援金に充てられる。同日、県庁で会見したBB秋田の岩瀬浩介社長は「個人や法人で利用してもらい、チームを支援してほしい」と呼び掛けた。

 情報通信業コネクト(秋田市川尻大川町、中村猛留(たける)社長)と共同で、NTT東日本の光通信サービス「フレッツ光」と同じ光ファイバー回線を使って提供する。

...    
<記事全文を読む>