■セットプレーで連係確認 高知市を拠点にキャンプを行っているJ3カターレ富山は7日、同市の春野総合運動公園球技場で全体練習を行った。8日にJ2岡山とのトレーニングマッチを控え、守備やセットプレーに重きを置いた練習を実施。実戦を見据えたゲーム形式も多く取り込み、選手はチーム始動後初となるJチームとの試合へ闘志を燃やした。

 練習は晴天の下、午前と午後に分け、計4時間実施。午前は対面パスやサイド攻撃に対する守備練習を行い、午後は大半をセットプレーの連係確認とミニゲームに充てた。浮氣(うき)哲郎監督やコーチ陣は「クリアは高く遠く」「先輩後輩を気にせず大きな声で指示を出せ」と声を掛けていた。

 浮氣...    
<記事全文を読む>