サッカー・J3のSC相模原は一月三十一日、相模原市中央区のあじさい会館で二〇一七年の新体制発表会を開いた。元日本代表ゴールキーパーの川口能活選手ら全二十三選手が出席し、安永聡太郎監督は今季のスローガンに、走り切ることやチームカラーの緑色にちなんだ「禅足緑(ぜんそくりょく)」を掲げた。

 新加入選手として十五人を迎え入れ、態勢を一新して臨む。主な新加入では、J2水戸や岡山でプレーした一八二センチのFW久保裕一選手(28)、J1清水時代にU-23日本代表候補にもなったDF辻尾真二選手(31)、一九〇センチのDF岡根直哉選手(28)らがいる。

 安永監督は「創成期からの選手が大幅に減り、今季は第...    
<記事全文を読む>