町田市は市立陸上競技場(野津田町)の観客席を五千席増設する計画を発表した。増設後の収容人数は約一万五千席となり、サッカーJ1の施設基準に見合う。同競技場をホームグラウンドとするJ2FC町田ゼルビアの昇格に備え、二〇二〇年度までの整備を目指す。

 市の「五カ年計画」に明記した。現行のバックスタンド席に五千席を追加し、増設分は屋根で覆う。新年度以降に計画案作りなど準備作業に取りかかる。競技の様子を表示する大型映像装置の整備費なども含め、約七十五億円の事業費を見込む。石阪丈一市長は「計画に盛り込むことで、J1昇格を目指す選手の意欲向上につながってほしい」と期待した。

 同競技場の収容人数は現在一...    
<記事全文を読む>