サッカーJ2のFC岐阜は26日、岐阜市の長良川競技場で開幕戦に臨み、レノファ山口FCと2-2で引き分けた。

 前半開始早々、相手のカウンター攻撃に対応できず、先制された。同37分にもPKを献上し、失点。しかし、その直後、FW風間選手のフリーキックをDF青木選手が頭で合わせ1点差とした。後半14分には、MF永島選手がゴール前のこぼれ球を拾い、同点ゴールを決めた。

 次節は3月4日、愛知県豊田市の豊田スタジアムで、名古屋グランパスと戦う。◆機敏さ、運動量に手応え 大木新監督は開幕前のキャンプから「攻守の素早い切り替え」と「九十分走り続けること」を口酸っぱく唱えた。いずれもそれなりに、形にはなっ...    
<記事全文を読む>