サッカーJ2が26日開幕した。徳島ヴォルティスは徳島新聞プレゼンツとして鳴門ポカリスエットスタジアムで行われた東京ヴェルディとの開幕戦に臨み、1-0で勝利を収めた。徳島が開幕戦で勝ったのは2012年以来5年ぶり。

 J1復帰を目指す徳島は前半からパスをつなぎ、敵陣でボールを支配した。26分、左サイドからゴール前に切り込んだMF馬渡和彰からパスを受けたFW杉本太郎が、右足でゴール中央に決めて先制した。後半は攻勢を強めた相手に押し込まれる場面もあったが、無失点に抑えた。

 スタジアムには、昨季のホーム開幕戦よりも1736人多い6149人が訪れ、熱い声援を送った。試合終了のホイッスルが鳴ると、総...    
<記事全文を読む>