自然と重圧のかかる開幕戦をものにし、千葉は好スタートを切った。取り組んできた攻守のハードワークが実り、得た勝利。エスナイデル監督は「全力を尽くしてくれた選手の努力に満足しているし、感謝したい」と大きくうなずいた。

 前線の高い位置で激しいタックル、サイドチェンジで左右に展開し、相手を翻弄(ほんろう)-。立ち上がりから新チームの特長を全面的に押し出していく。

 すると前半40分。3年目で開幕初先発となった北爪が、相手守備陣背後のスペースを見逃さなかった。回転の掛かった絶妙な縦パスを送ると、専大時代からの先輩・町田が反応。猛スピードで追いつき、「感覚で」一度フェイントをかけ左足を一閃。DF2人...    
<記事全文を読む>