サッカーJ2は26日、各地で2017年シーズンの開幕戦11試合を行った。モンテディオ山形は京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で京都と戦い、2―1で勝ち、2009年以来8年ぶりとなる開幕戦勝利を飾った。

 山形はスタメンのうち9人が新加入選手。前半35分、MF瀬川和樹の左クロスをMF瀬沼優司が頭で合わせて先制。前半を1―0で折り返した。後半12分にはMF南秀仁がドリブルで敵陣に切れ込み、ペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。MF鈴木雄斗が決め、追加点を奪った。その後は攻め込まれる時間帯が続いたが、DF菅沼駿哉ら3バックを中心にはね返し、終盤に喫した1失点で切り抜けた。

 このほか...    
<記事全文を読む>