26日に開幕戦を迎えるサッカーJ2松本山雅FCの新たな情報発信の拠点として、松本市大手4の街なかに25日に開店した「喫茶山雅」。午後も多くのサポーターらが訪れ、飲食後も店内を見学したり、他の来店客と交流したりして楽しんでいた。

 店舗2階では昨季の試合映像をプロジェクターで映しており、飲食を終えた人が観賞。印象的な場面になると当時の思い出話に花を咲かせた。1階のグッズショップは、食器などの限定商品を品定めする人でにぎわった。同FC運営会社によると、午後4時まで営業した初日は喫茶部門に79組が訪れた。

 喫茶山雅の営業時間は午前11時〜午後10時。不定休。同店チーフの小沢修一さん(37)は「...    
<記事全文を読む>