サッカーJ2が二十六日、開幕する。FC岐阜は同日午後二時、ホームの長良川競技場(岐阜市)にレノファ山口FCを迎え、初戦に臨む。ホームでの開幕は三年ぶり。昨季まで二シーズン連続でJ2最多失点を喫し、終盤まで残留争いをしてきただけに、堅い守りと攻守の切り替えが、上位浮上の鍵を握る。

 J2に参入して十年目の今季、元日本代表コーチの大木武・新監督(55)を迎えた。選手の半数は新規加入した。節目の年にファンの期待も大きい。◆鍵握る庄司選手のパス オフシーズン中、十九人が退団し、十三人の新加入選手を迎えたFC岐阜。ボールを支配して失点を防ぎ、パスをつないで得点を奪う-。大木武新監督(55)の目指す...    
<記事全文を読む>