明治安田J2は26日に各地で開幕し、水戸はケーズデンキスタジアム水戸で湘南と対戦する。キックオフは午後2時。0-3で敗れたプレシーズンマッチのJ1鹿島戦では、ボール奪取から攻撃に転じる1本目のパス精度、周囲のサポートが課題になった。約2週間の練習は攻撃時に前方への推進力を意識し、課題の修正に取り組んだ。西ケ谷監督はチームづくりの完成度について、「8割まで来たところ。開幕から5試合で100パーセントに近づけていく」と話す。攻撃面ではいまだ戦術の細かな部分で詰め切れていない。劣勢の状況では一丸となってピッチ上で修正を施したい。

...    
<記事全文を読む>