J2ファジアーノ岡山は26日午後2時、パロマ瑞穂スタジアム(名古屋市)で名古屋との開幕戦に臨む。いきなり実現した「優勝候補の1番手」(長沢監督)との対戦。昇格に挑むチームの“現在地”を測るためには最高の相手だ。

 チームは順調な仕上がりを見せる。新主将のDF喜山を中心に強固な守備を構築し、MF関戸、FW伊藤らが好機をつくる。大黒柱の赤嶺、片山の1トップ候補が故障離脱したものの、2年目のFW藤本、昨季10得点のFW豊川が好調を維持している。

 「練習試合を重ねるごとにチーム状態は良くなっている。本当に開幕が楽しみ」と喜山。

 初めてJ2の舞台に立つ名古屋はGK楢崎、MF田口が残留し、J1広島か...    
<記事全文を読む>