サッカーJ2のレノファ山口の河村孝社長と中島和彦経営企画室長らが23日、萩市を訪れ、野村興児市長にホームタウン化を要請。野村市長は「レノファは若い人の希望の星。ホームタウンなって応援しよう」と快諾した。河村社長は「ぜひレノファ山口のホームタウンになって応援していただけるようお願いします」とあいさつ。野村市長は「河村社長は萩市佐々並の出身。『この萩が応援しなくて誰が応援するんだ』という気持ちで、しっかり応援していきたい」と応えた。河村社長のスポーツ少年団時代から知っているという萩市サッカー協会の高津英明会長も「老いも若きもみんなで応援していきたい」とエールを送った。レノファは現在、全県ホ...    
<記事全文を読む>