26日のJ2開幕が近づく中、徳島ヴォルティスは大きな故障者もなく順調に最後の調整を進めている。22日は全30選手がピッチで同じ練習メニューに汗を流した。「選手全員がいつでも同じレベルで戦えることが大切」。ロドリゲス監督の言葉に、長くタフな1年を見据えた必勝の思いがこもる。

 「OK、そこまで」。定時練習後もロングキックなどを続ける選手たちをロドリゲス監督が引き揚げさせた。「やり過ぎると、けがをする可能性が高まるから」 チームは昨季、プレシーズン中のけがや手術のため、主要選手が開幕戦を万全の状態で迎えられず、序盤戦の出遅れにつながった。このためスタッフ陣は個別の疲労度を見定めつつ、選手のコ...    
<記事全文を読む>